2012/09/29

10/29高鈴オーケストラLive

現在、高鈴オーケストラのメンバーとしてLIVE、レコーディング等に参加させていただいています。

高鈴(コウリン)=
Vo/作詞/作曲 山本高稲さん
Gt/作曲/編曲 山口彰久さん
 
京都出身のアコースティックユニット。
テレ東系アニメ「続夏目友人帳」のエンディングテーマ『愛してる』でご存じの方も多いと思います。
いきなりご一緒させていただいた本番が、6月頭の富山のお祭りでのLIVEでした。
長距離の移動、打ち上げ、宿泊。たった2日間でしたが、濃い時間を共有しているせいか既に部活?サークル?みたいな雰囲気になり、メンバー、スタッフの親睦も深まり楽しいです♪

10/29に高鈴オーケストラのLIVEがあります。
私は、オーケストラの一員として、それから普段から一緒に活動しているカルテットの4人でも2曲ほど高鈴のサポートをさせていただきます。

10/29(月)新世界Tour 2012
高鈴オーケストラ in 渋谷さくらホール[東京]
【会場】 渋谷総合センター大和田さくらホール4F渋谷区桜丘町23-21
【時間】開場18:00/開演19:00
【チケット】
e+(イープラス)
ローソンチケット電話受付0570-084-003(Lコード79889)

高鈴の音楽。初めて音源を聴いたときにとても自然に体の中に染み込んできました。
高稲さんの深みがあり艶のある歌声、アッキーさんのやわらかいけど存在感のあるギター。
闇がある楽曲もありますが、その中には光が存在していて、ドラマがあって感動があって。二人の音を聴くとホッとして安心するのは、二人の温かいお人柄に加えて、揺るがない強い想いが感じられるからかなと思います。

10/29は、10/10リリースのNew Album『新世界』を引っさげてのツアーのLIVE初日です。ぜひぜひ観に聴きに来てほしいです。

New Albumでは、オケで3曲、カルテットで1曲、レコーディングに参加させていただいています。付属のDVDには新曲『新世界』のPVも入っていて、そちらの撮影にもオケのメンバーでのシーンに加え、弦楽器を演奏する双子役としても参加させていただきました。

発売前に一足お先にお二人の最新作を堪能させていただきましたが、素敵です。
お二人の創る素晴らしい世界、ぜひ音源も映像もチェックしていただきたいです♪

高鈴Official Site
http://littledancemusic.com/callin/


新世界Special Site

2012/09/24

Violin Duo "moca" Cafe Live Vo.2


9/21(金)にViolin Duo "moca"Cafe Live Vo.2(@名曲喫茶カデンツァ)が無事に終わりました。
 
ご来場くださったお客様、名曲喫茶カデンツァさん、共演者のメンバー、応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
 
今回は、有難いことに9月始めには満席になってしまい、たくさんのお問い合わせとご予約をいただきまして、ありがとうございました。また、今回、ご案内できなかったお客様には深くお詫び申し上げます。
 
今回のLiveでは、数年前に二人でチャレンジしたもののいつのまにか投げ出してしまった(笑)Bachの『2つのヴァイオリンのための協奏曲』をメインに演奏しました。二人とも大好きな曲なので、もっともっと温めていつかの機会にまた演奏すると思います。
その他、シュトラウスの『トリッチ・トラッチ』、ブラームスの『ハンガリー舞曲 第6番』、ハチャトリアンの『剣の舞』など、運動会のような曲目を数曲、映画音楽等も演奏しました。
 
そして、前回のLiveでお伝えできなかったユニット名"moca"の名前の由来について、やっとお話しできました。
私たちは、大学の同期でずっと仲が良いのですが、卒業したらデュオを結成しようしよう!と言ったもののかれこれ何年か経ち、2010年のクリスマスにスターバックスコーヒーさんから演奏依頼がきたのをきっかけにやっと立ち上がりました。
スターバックスさんでのLiveをするにあたり、ユニット名を作ってほしいとのことで、急いで考えた”モカ”というユニット名のまま、ここまで来てしまいました。
一応意味があって、『甘い音色をお届けしたい、でも、ちょっぴり苦味もあるよ』的な。。。
ネモトの「モ」と、ワカタビの「カ」だと気付いたのは事後です(笑)
 
それから今回、2nd stageではお揃いの衣装を着ました。
以前から、お揃いで演奏したいとずっと騒いできましたが、二人とも自由なので全く探す気がなく、月日は流れ。。
今回は、相方のタビが色違いで2着持っていたワンピースを私が借りました(笑)
 
そんな私たちを見兼ねて(?)二人の共通のデザイナーの友人が現在お揃いの衣装をデザインしてくれています。完成が待ち遠しいです★
私たちはいつも周りのクリエイターの友人たちに助けられていて、みんなには本当に感謝しています。
 
今回のLiveのチラシ、プログラム作成にあたり、使用させていただいた写真はこれまた日芸の同期のカメラマンの中村衣里ちゃんが撮影してくれたものでした。いつもありがとう。
 
そして、ピアノ伴奏をしてくれたのは同期の中村美貴ちゃん。お母さんのような存在で、いつもお世話になってます。
 
譜めくリストさんは、私の友人のヴァイオリニストの佐藤彩子ちゃんが引き受けてくれました。
しかも、佐藤さんのヴァイオリンの生徒さんが偶然Liveに来てくれていて、まさか自分のヴァイオリンの先生がピアノの譜めくりするなんて思わないですよね!?ごめんなさい・・・(笑)
 
次回は寒くなった頃にLiveを予定しています♪
相変わらず自由に楽しく演奏しているモカですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。
 
 
 

2012/09/16

モデルハウス親子コンサート

昨日、環八千鳥住宅公園(パナホームモデルハウス内)でのサロンコンサート『リラックスして音に触れよう』シリーズ、たくさんのお客様にご来場いただき、とても楽しい一時でした。
http://everevo.com/event/2129


















 
 

演奏をしたモデルハウスが、“音楽好きの一家が住んでいる”想定の素敵なリビングで、お客様にもくつろぎながら演奏を楽しんでいただけたご様子*




玄関の天井にはグランドピアノを表現したオブジェが設置されていたり、五線譜をイメージしたオブジェなど。耳を澄ますと、『パパ、こんな家に住みたいねー』というお子様の声も聞こえました。(パパはそんなこと言われてしまったらドキドキですね。。)
 


















 
 
楽器のミニ講座などもさせていただき、楽器を始めたいご希望の方々から質問もたくさん受けました。やはり、みなさん、お家で音を出しても平気なのか、何か対策が必要なのか気にされていました。音を弱める器具のご案内なども合わせてさせていただきました。


















 
 
 
お客様たちがご存知の曲を口ずさんでくださったり、積極的に質問してくださったり、反応を直で感じることができ、このようなお客様と一体化した演奏の機会を大切に考えたいなと改めて思いました。
小さいヴァイオリンを持参してくださったお子様もいて、最後に見せてくれました(*^^*)






















住宅展示場の今後の展開にとても可能性を感じます。楽しみです。
ご来場くださったお客様、お誘いくださったスタッフの方々、共演者のオーボエ奏者の上原夢美さんに感謝です。ありがとうございました♪
 
 


 

2012/09/11

support surface 2013 s/s collection 映像

4, September 2012 at Shinagawa Grand Hall Tokyo sound design : haruka nakamura  Ota Miho -(song)  Araki Shin - (saxophone & flute) rie nemoto - (violin) ayako sato - (violin) maki matsumiya - (viola) naoki koyama - (Contrabass) kosuke tomita - (per.) isao saito - (per.) haruka nakamura - (pf & guitar) filmed : Hideo Furukawa (Fashion TV) concept : 研壁宣男 Norio Surikabe garments by support surface

2012/09/07

support surface 2013 S/S コレクション



 
ブログを始めようと思い立ってから早数ヵ月経過。。。

記録として、少しずつ書いていこうと思います。

9/4(火)support surfaceさんの2013S/Sコレクションの生演奏にharuka nakamuraくんのサポートで参加させていただきました。@品川グランドホール

今回も素晴らしい空間にうっとり。。

気持ち良く演奏させていただき感謝です。

本番はブランドの衣装を着用させていただきました。
(CANTUSの太田美帆さんと、ストリングスのみんなで)


















 
 

いつも貴重な体験をありがとうございます。